紙媒体とのコラボ



 前回は、大きなコストをかけてyahooやgoogleで上位表示させるSEO対策よりも、有効な方法があるというお話しをさせて頂きました。
いくつかあるのですが、その中で新規顧客開拓に有効なのが他の広告媒体との連動です。
テレビのコマーシャルや雑誌、新聞の広告で「詳しくはウェブで」というフレーズをよく見ます。これは、テレビCMなら時間に、紙の広告なら紙面のスペースに限りがあるので、そこではイメージやキャッチコピーだけを見せて興味を惹き、詳しい内容はホームページで紹介するという方法です。
 中小企業や個人商店ではテレビCMまでは無理かもしれませんが、身近な広告との連動なら可能です。
例えば、新聞の地方版への広告、地域情報紙、折り込み広告などの紙媒体です。これらへ広告を出すときにホームページのURLを記載しておく、携帯用のホームページがあるならQRコードを入れておく。もっと細かいところでは、名刺や会社の封筒もあります。当たり前の事のようですが、意外と抜けている広告も目にします。
 ホームページは有望な広告媒体として定着してきましたし、紙では出来ない事も出来るようになりました。ですが、既存の紙の広告には、ホームページにない良さがあります。
それぞれの特徴を考えて上手く組み合わせて使えば、より多くの人に確実に、伝えたい事が伝わります。 
 
 
#01 ホームページは必須?
#02 ホームページは育てるモノ
#03 継続は力なり
#04 ホームページは営業マン?
#05 内部向けにもホームページ
#06 自分で作る? プロに頼む?
#07 制作の準備
#08 yahoo・googleは絶対?
#09 紙媒体とのコラボ
#10 WEBに広告
#11 震災時に強いツイッター
#12 ホームページで顧客サービス
#13 携帯用ホームページ
#14 ホームページのメンテナンス(最終回)

Copyright(c) 2011 company.EN All Rights Reserved.